052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

左背中~左腕の痛み・しびれが気にならなくなりました

来院された方

名古屋市千種区在住 40代 女性 会社員(掃除関係)
お悩み:左背中~腕にかけて痛み・しびれ

背中から腕の痛み・しびれ

当院に来院された経緯

半月前から首が上を向けなくなり、左の背中~左腕にかけてつっぱっているような痛み・しびれがあり、仕事にも支障が出てきていた。そのため病院に行きレントゲンをとると、頚椎の間が少し狭くなっているから、神経が炎症をおこしているので、痛み止めで様子をみていくことになった。

2週間薬を飲んでも症状は一向に改善せず、むしろやや悪化傾向であった。本人的にあまり薬が好きでなく、薬だけの治療の病院に不安を覚え、なんとかしたいと考えていた時に、当院に来ていた友人に紹介され来院された。

カウンセリングと検査後の見立て

初回時、しっかりカウンセリングし、その後検査を行い、以下の見立てをしました。

「全身の様子」
初回時、左肩が下がり、猫背、巻き肩、首は前方に突出しており、典型的な不良姿勢で、全体的に筋力が不足していた。

「首肩」
首はストレートネックで、筋肉の緊張はかなり高かった。可動域は前屈60°で正常、後屈5°(正常なら50°)でほとんどできなかった。
腕に症状が出ているので、神経テストを行うと、スパーリングテスト陽性(上を少し向くだけで増悪したため、圧迫まではしていない)、ルーステスト陽性の反応が出て、神経圧迫の可能性がかなり高くなった。
本人的には常に痛みが強く、しびれよりそちらが気になっていた。

「肘」
肘外側のねじれは強く、巻き肩を誘発する要素になっていた。

「胸筋」
かなり緊張が強く、少し触るだけで体がのけぞるくらいの痛みを発しており、巻き肩を誘発する大きな要因になっていた。

「腰・骨盤」
腰はそれほどは気にしていなかったが、腰痛の前弯(正常なら前に彎曲している)がなく、上部腰痛はむしろ後弯しており、割と強いストレスを生んでいることが考えられた。また骨盤は前傾し、左後下方、右上前方に偏移していた。

施術計画

全身の歪みを整えて、体にかかる負担を正常に戻して、痛み・しびれを取り除き、元気に仕事ができるようにしていく

施術経過

1-4回目
「目的」
全身の歪みを調整し、まずは痛み・しびれを少しでも軽減するように目指していく
「結果」
初回の施術後、2回目の時に首の後屈が5°→20°に変わっており、本人的にも少し楽になったみたいだった。3回目で顎と胸筋・肋骨の調性を重点的に行い、それによりさらに首が後屈できるようになり、痛みも減少傾向にあった。

5-10回目
「目的」
引き続き、痛み・しびれの軽減を目指す
「結果」
症状はすこしずつ軽くなり、首も後屈できるようになり、10回目の時には左上腕がピクピクするぐらいで痛み・しびれはかなりひいてきていた。

11-17回目
「目的」
元気に仕事できる体にしていく
「結果」
11回目以降、仕事をすると少し症状が出たり、消えたりを繰り返していたが、17回目には最初に気になっていた症状は全てクリアになった。

18-25回目
「目的」
いい状態を定着させて、再発しにくい体づくりをしていく

「結果」
さらに定期ケアを重ねて、同じ症状が出ないようにしっかりと状態を安定させていった。

その後も半年間、月1回の定期ケアを重ねて卒業されていった。

院長の目線

この方は普段の姿勢の悪さはもちろんのこと、仕事による首肩、腕、胸まわりの過度の使用が原因で今回の症状が出ていた。はじめは頚椎まわりに大きな問題があると考え、首周りを重点的に調べていったが、そこまで大きな問題がみられなかったため、つながりを考えて顎、肘、胸筋群を検査していくと大きな反応がみられた。

原因が特定できれば、あとはそこをしっかり施術していけばいいので、順調に回復していくことができた。

仕事で過度に腕を使用するため、再発の可能性が高かったため、症状が完全に消えるまでしっかり施術を行い、なおかついい状態を定着させるレベルまで施術を行えたのは患者様にとって何よりでした。

あなたも背中~腕~手の痛み・しびれでお悩みなら是非、当院にご相談下さい。
全力でサポートさせて頂きます。

関連リンク

当院の手のしびれの施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
お得な特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ