052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

原因不明の頭痛や股関節痛がおさまり本当に安心しました

来院された方

名古屋市名東区在住 40代 女性 パート
お悩み:頭痛、首痛、顎関節痛、左股関節痛、腰痛
頭痛

当院に来院された経緯

若い頃より肩こり・腰痛があり悩んではいたが、たまにマッサージに行くぐらいで普通に乗り越えてこられた。しかし年齢を重ねたせいか、体の不調を感じる事がどんどん増えてきていた。

首はいつも右が痛くなることが多く、また原因不明の頭痛(頭頂部がピリピリ)があり、髪を触っても響くぐらいで、同時に左顎、耳まわりも痛くなっていた。この頭頂部のピリピリ感が頭痛なのか?皮膚の問題なのかは分からなかったが、かれこれ10年ぐらいの付き合いになっていた。

腰痛は腰にいつも張りがあり、骨盤周りがつっぱっている感じがとれなかった。また左股関節は疲れると痛みが出てきて、歩き出しで鼠径部がズキズキし、股関節の内旋(内側にひねる)の動作が痛くてできなかった。

問題がほぼ全身に広がってきており、このままでは体が動かなくなるのではないかと不安になり、ネットで検索して当院におみえになった。

カウンセリングと検査後の見立て

初回時、しっかりヒアリングして、それを確認するために検査を行い、見立てをしました。

「全身の状態」
立位でみると、左肩が下がり、脊柱の生理的彎曲(正常なら首で前、胸で後ろ、腰で前に彎曲している)がなく、ほぼ首から腰までストレートになっており、全身の筋肉の緊張もかなり高かった。

「首肩」
首は優しい力で触診をしただけで、痛みで発狂していた。ストレートネックで頚椎のずれもあり、筋肉の緊張も高かった。肩・肩甲骨周りの筋肉の緊張も高く、肩甲骨の可動性は低下していた。

「顎関節」
咬筋(頬にあるかむ筋肉)がガチガチで、少しの力で触れても悶絶していた。かなり普段から食いしばる癖があるのが想像でき、そのせいで首肩耳に大きく悪影響を出していた。

「頭蓋」
顎関節の緊張のせいで、頭頂骨と側頭骨の冠状縫合が盛り上がり、また頭頂骨と前頭骨の鱗状縫合は触るとピリピリ感が再現できた。これにより頭蓋の歪みが今回の頭部の頭痛を生み出している要因の1つと分かった。

「腰・骨盤」
腰部の筋肉の緊張は高く、骨盤の可動性も低く、骨盤は左後下方、右前上方にねじれていた。

「左股関節」
疲れると痛みが出ると言っていたが、可動域の確認をすると屈曲・伸展・内旋で痛みが再現でき、特に内旋の動作での痛みが強かった。

施術計画

ほぼ全身に問題を抱えているので、しっかり全身の歪みを調整して、体にかかる負担を正常に戻して1つ1つ症状の改善を目指していく。首肩周りは顎関節が、腰周りは左股関節がネックになっているのが明らかなので、そこしっかり意識して調整を行っていく。

施術経過

1-3回目
「目的」
全身の歪みを調整し、体にかかる負担を正常に戻していく

「結果」
1回目の全身調整で体の変化を実感でき、その夜は久しぶりに枕をして寝ることができてた喜んでいた。3回目で右首の痛みはほとんど気にならなくなり、首を触っても発狂することはなくなった。

4-6回目
「目的」
引き続き、 全身の歪みを調整し、体にかかる負担を正常に戻していく

「結果」
4回目で頭痛(頭部のピリピリ感)はほとんど気にならなくなり、5回目で腰痛もクリアになり、6回目の調整で左股関節痛はほとんど気にならなくなりました。順調に1つずつ症状がクリアになっていきました。

7-9回目
「目的」
 症状が残った顎関節の調整をしっかり行い、首肩にかかる負担を正常に戻していく

「結果」
ここまでで唯一残っていたのは顎関節の調整だった。普段から食いしばる癖が強く、なかなか改善傾向が乏しく、せっかく調整していた首にも悪影響が出ていた。そのため自宅でできる体操などを指導しながら調整していくことになった。

10-25回目
「目的」
元気に生活できる体づくりをしていき、セルフケアもしっかりできるようにしていく

「結果」
顎関節の調整に時間はかかったが、何とか無事に終わり、元気に卒業されていった。

院長の目線

この方は頭痛、首痛、顎関節痛、股関節痛、腰痛とほぼ全身に問題を抱えておみえになりました。その中でポイントとして大きかったのは顎関節と股関節でした。

頭痛(頭部のピリピリ感)に関しては頭蓋調整をしていくと、割とすんなり気にならなくなり、腰痛、股関節痛と順に良くなっていった。最後まで残ったのは顎関節だった。普段から食いしばる癖があり、また寝ている時も食いしばるから顎関節が休む時はない状態でした。その為セルフケアをお伝えして、自分で顎関節の調整を少しでもできるように指導していきました。

また寝る時のマウスピースの使用もお話したのですが、気になって寝れないとのことで、あまりうまくいきませんでした。でも食いしばる癖がある方は、寝る時にはマウスピースをすることは必要で、それができると顎関節にかかる負担はかなり軽減できると思います。

あなたも気になることがあれば、是非、一度ご相談下さい。
しっかりサポートさせて頂きます。

関連リンク

当院の顎関節症の施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
お得な特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ