052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

ぎっくり腰から復活し元気に仕事ができるようになりました

来院された方

名古屋市名東区在住 60代 男性 自営業(彫刻家)
お悩み:ぎっくり腰

腰痛(ぎっくり腰)

当院に来院された経緯

もともと腰痛もちで仕事がら一日中座って作業をしているので腰に負担はかかっていた。また年々体重も増加しており、腰痛に拍車がかかっていた。

2日前の金曜日になれない場所で2-3時間座る作業をしたら、その後から調子が悪くなりはじめ、土曜の朝から急激に痛みが増して、どの姿勢も痛く、体を動かすことが難しくなっていた。
日曜の朝になっても痛みは変わっておらず、この後仕事もあるため、少しでも早く治したいと思い、日曜日に営業をしている店をネットで検索して、家族に連れられておみえになった。

カウンセリングと検査後の見立て

初回時、動ける範囲で検査を行い、以下の見立てをしました。

「全身の様子」
初回時、少しでも体を支えたいと以前痛めた時に使用した杖を突いておみえになり、体は大きく左前に傾いていた。歩行はすごくゆっくりで、1歩ずつ踏みしめるように進み、なんとかベッドに座ることができた。横からみるとかなり腹部が突出しており、ウエスト100cmはゆうに超えていることが推測でき、体重の増加が大きな問題として考えらえた。

「腰」
全ての動作が痛いと言っていたが、なんとか動いてもらうと前屈が特にできないことが判明した。腹部は脂肪が多く、背部、臀部の筋肉は過緊張を起こしていた。圧痛は仙骨後面中央の正中仙骨稜のS1-S2付近に著名に出ていた。

「骨盤」
左が後下方、右が前上方に傾き、痛みを回避するような姿勢をとっていた。

施術計画

少しでも早く仕事に復帰できるように、痛みの緩和をメインに調整していく。尚本人の希望により鍼灸施術は怖いのでやめてほしいとの意見があり、整体のみ対応することにした。

施術経過

1回目
「目的」
痛みの緩和をメインに少しでも動く動けるようにしていく

「結果」
ほぼ動けなかったのでベッドで座ったまま施術を行い、ベッドで寝れる状態まで戻そうと考え、まずは圧痛療法で痛みの感覚をリセットして、現状の痛みをしっかり把握してもらった。
次に足から順に操体法を通していくと、少しずつできる動作が増えていき、動きもかなりスムーズになり、本人も安心した表情をしていた。
最後に腹部側から腸腰筋を調整すると、杖なしで歩けるようになり、本人はこれで出かけられると大喜びしていたが、あまり無理をしないよう生活での注意点を伝えておいた。

2回目
「目的」
仕事を元気にできるようにする

「結果」
2日後に杖なしで元気に自分で歩いて来られ、話を伺うと初回の施術後調子がよくなり、調子にのって昨日かなり歩いたら、痛みが少し戻ってきていたが、それでも初回の時とは雲泥の差らしい。
初回より動ける状態になっていたので、よりダイナミックに操体法を通して、体の歪みを調整していった。
帰るときにはほぼ痛みなしの状態になり、これで仕事ができると治療を終了された。

院長の目線

この方は慢性腰痛の持ち主で、日頃から腰痛に悩んでおり、仕事柄(彫刻家)ほとんで1日中座って作業しているだけで、あまり体を動かすことがなかった。また自分で運動する習慣もなく、食事の量もよくとり、体重は増加の一途をたどっていた。そんな中、ぎっくり腰になりおみえになった。

当院の施術との相性もよく、体の歪みを整えていくと初回でかなり楽になり、2回目にはほとんで気にならなくなり、本人は大喜びで治療を終了した。
本来であればここから本格的に体の歪みを整えていくべきだが、本人にその気がないので、腰痛の再発を少しでも抑えるためのアドバイスはしておいた。

①少しでも体重を減らすために、毎日30分から1時間歩くこと
②ご飯はおかわりしないこと(毎回2杯は多すぎです)
③食べる順番は野菜が先で、炭水化物は最後にすること

至ってシンプルな指導だけしましたが、本人はかなり困惑ぎみの顔をされていた。
でもこのまま体重増加が続けば、腰痛が悪化するのは目に見えているので、自分のためにも頑張って下さいとお伝えしておいた。

やはり腰痛になるには原因があり、特に年齢による筋力低下、それに反しての体重増加は大きな問題です。
それらを変えない限り、腰痛の再発は免れません。
当院では腰痛のために体の歪みを治すだけでなく、運動、食事についてもしっかり指導させて頂きます。

繰り返す腰痛でお悩みなら是非、当院にご相談下さい。
しっかりサポートさせて頂きます。

関連リンク

当院の腰痛の施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
お得な特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ