052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

左上肢の痛み・しびれがとれて毎日ジムで筋トレができます

来院された方

名古屋市名東区市在住 50代 女性 主婦
お悩み:左肩~左上肢、指先の痛みしびれがあり、ジムで筋トレができない

頚椎椎間板ヘルニアによる手のしびれ

当院に来院された経緯

今まで本当に健康で、病院に掛かったことがなかったのに、1ケ月前から左腕の痛みとしびれが出てきて、心配になり病院に行きレントゲンをとると、「骨に問題はないので、肩こりですね。薬とリハビリで様子をみていきましょう」と言われ、病院にリハビリに通うことになった。

数回リハビリに通ったがどんどん症状が悪化してくるので、心配になり、病院の先生に再度検査を要求して、よその病院でMRIを撮ってきて、みてもらうと今度は「頚椎椎間板ヘルニア(C5-C6,C6-C7)ですね」と言われた。
はじめ肩こりと診断されたのが、次は頚椎椎間板ヘルニアと大きく変わってしまった。。。

しびれに関しては最初から訴えていたが、先生は記憶になく、MRIをみて初めて、しびれがあるなら肩こりではないねと発言をされたので、本当にこちらの話を聞いていないのが分かり、不信感が募ってしまった。

またその病院のリハビリで働いているスタッフから、ここの先生はしびれに関してはあまり得意分野ではないとの、隠れた進言を頂き、このままではいけないと感じて違う所に行こうと決意した。
そして近所にできてずっと気になっていた当院の事を再度ネットで検索して、おみえになった。

カウンセリングと検査後の見立て

初回時、しっかりカウンセリングし、その後検査を行い、以下の見立てをしました。

「全身の様子」
初回時、左肩が下がり、典型的な猫背、巻き肩、首がかなり前方に突出して大きく歪んでいた。ただ本人にはあまり自覚がなく、自分は毎日、ジムで運動をしているので問題ないと自負していた。

「首肩」
首肩の筋肉の緊張は非常に高く、首の後ろに太い皺が入っており、これは首を前に突き出して、その後顔を少し上に上げる姿勢をとっている典型的な皺であった。生活様式を訪ねると、毎日の筋トレ、パソコン作業(1日10時間以上)が日課で、睡眠時間は2-3時間と寝る間も惜しんで隙さえあればパソコンを触っているとのことだった。このパソコン作業中の不良姿勢が大きな原因として考えらえた。

可動性をみると首の伸展(後ろに反らす動作)がまるっきりできず、少し上を向くだけで症状が増悪し、また左回旋もできなかった。
問題の下部頚椎を触れると症状の再現がみられ、ここでの神経圧迫が考えられ、神経のテスト(スパーリング、ジャクソンテスト)を行うといずれも陽性で、神経の圧迫があることがわかった。

頚椎椎間板ヘルニアの方は斜角筋(首の前側部)がよく硬くなるので、調べてみると緊張がかなり強く、この部分の圧迫で痛み・しびれが再現できた。そのため神経テストとしてルーステスト(斜角筋部に負担をかけるテスト)を行うと陽性の反応が出て、ここでの神経圧迫も起こっているのが分かった。

「胸筋」
筋トレをしているせいか、かなり緊張が強く、頚部への大きな負担につながっていた。

「骨盤」
骨盤は左前下方、右後上方に偏移していた。

施術計画

全身の歪みを整えて、体にかかる負担を正常に戻して、痛み・しびれを取り除き、毎日元気にジムに行ける体づくりをしていく。

施術経過

1-5回目
「目的」
全身の歪みを調整し、痛み・しびれを少しでも軽減するように目指していく
「結果」
整体と鍼灸施術を組み合わせて、まずは首の周りの緊張を緩めていくことを優先して行っていった。それにより少しずつではあったが、しびれ・痛みが減少傾向になってきた。またこの段階で本人がジムに行きたいと言ったが、まだ時期が早いと制限はかけておいた。

6-10回目
「目的」
引き続き、体の歪みを整えて、痛み・しびれの軽減を目指す
「結果」
次第に良化していたが、この間に美容院にいき、シャンプーをするときに首を伸展させた状態で長くいたら、すっかり悪化してしまった。
それでも施術を繰り返すことで、症状はまた少しずつ落ち着いてきて、首の方が動くようになってきていたので、今度は斜角筋の方を重点的にアプローチしていった。

まだしびれとしては常時あったが、レベルはかなり下がりつつあり、朝一のしびれが一番つらいとのことだった。

11-15回目
「目的」
さらに痛み・しびれを減らしていく
「結果」
斜角筋へのアプローチがよくきき、11回目から劇的にしびれ・痛みが減り、楽に過ごせるようになってきた。そのため本人が強く希望しているジムの再開を許可した。ただしあまり無理をしないように注意を促しておいた。

16-18回目
「目的」
元気にジムに行ける体づくりをしていく
「結果」
16回目にはほとんど気になる症状はなくなり、元気にジムにも行けるようになり、喜んで卒業されていった。

院長の目線

この方は普段から悪い姿勢で毎日10時間以上もパソコン作業を繰り返していて、それによる頚椎への負担の増加、また極端に少ない睡眠時間で疲労回復ができずに生活していたことが大きな原因になっていた。

今まで病気もしたことがないせいか、ちゃんとした施術をすれば、この程度のしびれは1-2回で治ると勘違いをされていた。
その為、神経が回復するまでには時間がかかり、まずは姿勢と整えて、骨格を正しい位置に戻し、筋肉の緊張を緩和し、神経の促通をよくしていき、神経の炎症が治まる必要があることを理解して頂いた。

そこからは落ち着いて施術を受けて頂き、こちらの来院指導もしっかり守られたので、順調に体が快方に向かって行かれ、最後にはここに来て良かったです、と言われて卒業されていかれた。
無事に本人の希望どおりジムに行ける体に戻れて何よりでした

肩~腕~手の痛み・しびれでお悩みなら是非、当院にご相談下さい。
全力でサポートさせて頂きます。

関連リンク

当院の手のしびれの施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
お得な特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ