052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

ぎっくり腰・膝痛になりましたが元気に動けるようになりました

来院された方

名古屋市守山区在住 40代 女性 看護師
お悩み:腰痛(ぎっくり腰)、膝痛
ぎっくり腰

当院に来院された経緯

もともと慢性的に肩こり・腰痛・膝痛があり、だましだまし毎日を過ごしていた。しかし昨日、仕事中に前かがみになった際に、腰にピキっと痛みが走り、そこから腰に力が入らなくなり、動くのがかなり難しくなってしまった。
このままでは仕事や家事が出来なくなると思い、どこかで治療をしなければと考えていた時に、自分の家族や同僚が行っていた治療院を思い出して当院におみえになった。

カウンセリングと検査後の見立て

初回時、しっかりカウンセリングし、動ける範囲で検査を行い、以下の見立てをしました。

「全身の様子」
体はやや前傾姿勢、左側に重心をのせて、一歩一歩ゆっくり歩いていた。まっすぐに立つことができず左に大きく傾いていた。

「背腰」
腰背部の筋肉(脊柱起立筋群)の緊張はかなり高く、腰椎の前弯(通常は腰は背骨が前に反っている)もなく、かなり疲労がたまっているのがみてとれた。動作で一番つらいのは前屈で、次に後屈ができず、回旋の動作は割とできた。どの腰の動作をしても右腰背部が突っ張る感覚があり、ただ痛みが出ているのは左腰下部であった。

「股関節」
右股関節の屈曲(膝を抱える動作)、開排(あぐらをかくようにひらく動作)がほとんどできず、かなり可動域制限が出ていた。

「臀部」
臀筋群(大殿筋、中殿筋、小殿筋)の筋肉の緊張もかなり高かった。

「首肩」
普段猫背のせいか、首肩周りの筋肉(後頭下筋群、脊柱起立筋群、僧帽筋など)の緊張はかなり高く、ガチガチになっていた。本人的にはこれが普通みたいで、ひどくなると頭痛が出ることがあった。肘のねじれを強く、特に右肩の巻きがかなり強く、それに合わせて、大胸筋の方にもテンションがかなり入っていた。

施術計画

まずはぎっくり腰をしっかり調整し、そこから全身の歪みを整えていき元気な体づくりをしていく

施術経過

1回目
「目的」
痛みを少しでも抑えて動ける体に戻していく
「結果」
はじめに鍼灸施術をお勧めしたが、鍼は怖いとのことだったので整体のみで対応することにした。まずはベッドで座位で足趾の圧痛療法で痛みの感覚をリセットし、少し動けるようになったので、ベッドに仰向けで寝てもらった。
次に下肢のふくらはぎ、足首、踵の操体法を行い、さらに動けるようにして、再度座位でベッドにこしかけてもらった。そこで全身の歪みをとる操体法を行うとしたが、痛みがありできなかったので、痛みがない範囲でねじれを調整することにした。
これにより、来た時の半分以下まで痛みは減っていたので、初回は終了とした

2回目
「目的」
腰の変わりに右膝を痛めてきたので、そちらの調整を優先的に行う
「結果」
5日後におみえになるとぎっくり腰はかなり良化しており、やや痛みのあるものの、どの動作もできるようになっていた。その変わりに2日前に、外出した際に、右膝をひねり、今では腰よりも痛みが増していた。右膝をみると発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害と典型的な炎症所見が出ていた。膝周りが腫れているので、関節が曲がりにくくなっており、同時に伸ばしきることもできず、やや屈曲位でないと立っていることができなかった。かなり体の状態が変化してしまったので、腰よりも膝を意識して全身の調整をすることにした。

3~7回目
「目的」
引き続き、痛みの緩和を最優先に体を整えていく
「結果」
3回目におみえになると右膝の腫れが前回よりはひいていた。しかしまだまあ炎症は強く、膝蓋骨を動かしても痛みがあった。4回目の時には、本人は右膝は痛める前のレベルまで戻ったと言っていたが、伏臥位で膝を曲げると踵はおしりまで20cmはゆうにあった。
7回目の時にはおしりまで5cmのレベルまで戻り、右膝の腫れもすっかりひき、日常生活に問題はないとの報告を受けた。

8-10回目
「目的」
全身の歪みを整えて、元気に生活していける体づくりをしていく
「結果」
10回目には、体でそんなに気になる症状はなくなったので、終了となった。

院長の目線

この方はもともと腰痛、肩こり、膝痛を抱えて、多忙な看護師の仕事をこなしていた。お子さんも小さく、ご自身の体のケアをする時間もなく、放置していたので、かなり体に疲労が蓄積されていた。
またかなりの怖がりで鍼灸施術は怖いとのことで、整体のみの施術になってしまったが、割合スムーズに体の方は整っていった。

ぎっくり腰に関してはほぼ1回で動けるようになり、問題は途中で痛めてきた右膝で、もともと右膝の状態はあまりよくなく、痛みが出たり消えたりを繰り返していた。それが今回捻ったことで爆発したみたいだった。
施術を重ねるうちに、腫れも引き、関節も曲がるようになっていき何よりでした。

本人が気になる所はほとんでないとのことで終了となりましたが、私としてはもう少し継続して、体の状態を安定させてから卒業されていくのが望ましいと思いました。今、痛みが治まったばかりで本当の意味で状態が安定した訳ではないからです。再発の可能性を少しでも下げるように体のいい状態をしっかり覚えこませるのが、大切だと思います。

あなたも腰痛、膝痛でお悩みなら、是非、当院にご相談下さい。
全力でサポートさせて頂きます。

関連リンク

当院の腰痛の施術について
当院の膝痛の施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
お得な特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ