052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

痛みについて

当院にも「痛み」を訴えて来院される方は多くみられます
そこで少しだけ専門的に「痛み」について、お伝えしたいと思います。

腰痛・痛み

痛みには感覚的要素と情動的要素があります。

①感覚的要素
全ての痛みに関わります。 身体が傷つくことにより起こる痛みで、損傷の大きさと比例して起こる痛み。 これは純粋に体を痛めた痛みになります。

②情動的要素(気持ち)
慢性痛に特に関係する。 身体の損傷の大きさとは別に、情動的要素で悪化する痛みつまりは気持ちで痛みが変化するということ。


「時期と症状によって痛みを分けると、」

①急性痛
症状が出てから短い時間で、痛みの部位が局所に限られている

②急性痛の延長の慢性痛
症状が出てからある程度時間が経過してるが、痛みの部位が局所に限られている。 不定愁訴は少ない

③急性痛とはかけ離れた慢性痛(慢性痛症)
症状が出てからある程度時間が経過しており、痛みが広範囲に出現しているもの。 不定愁訴なども多く訴えているもの

①②は原因の治療 ③は原因の治療より、痛みを止める治療を優先になります。 つまり痛みの質により、治療内容を変える必要があります。 治療院にみえられる方は③まで進んでいる方が多いのが現状です。
①の段階で施術が行えていると早く改善に導いていけます。 少しでも早めのケアを心がけて下さいね。

次は先ほどの急性痛と慢性痛症を表にして見比べてみましょう。

「急性痛と慢性痛症の違い」

急性痛 慢性痛症
原因 外傷、急性疾患 中枢神経系は正常で 侵害に直結 末梢神経、脊髄レベルの 異常入力と交感神経の変化
組織損傷 存在する 存在しないか、回復している
身体所見 炎症、損傷がある 炎症、損傷がないことが多い
罹患期間 損傷が治るまで 4週間以上
症状 交感神経活動の亢進 心拍数の増加、 血圧の上昇、 不安、錯乱状態 表情は乏しい、疲弊、 不眠、食欲減少 怒りやすい、引きこもり、 抑うつ状態
痛みの 感受性 正常 増強 か 普段感じない刺激を痛みに感じる
治療 消炎鎮痛薬が有効 消炎鎮痛薬が無効のことが多い


・痛みを治療するには急性か慢性かを区別する必要がある。
・急性痛は外傷や疾患に伴う症状の1つ、そのため原因の追究と治療が優先。
・慢性痛は痛み自身が疾患、心の状態が多く関与。原因を突き止めるよりも痛みを止めることが優先。
・慢性化している痛みの多くは、筋肉に関連している。  


「筋肉の痛みについて」

case1:痛いと感じるところが原因
痛みを感じている部位と、原因となる筋肉が同じ場合、 痛いところを治療すれば、痛みがよくなる この場合、痛みの原因部位を探すのは比較的簡単>>>治療効果は比較的高い

case2:痛いと感じるところが原因でない場合
痛みを感じている部位と、原因となる筋肉が異なる場合 痛いところを治療しても、痛みはよくならない。 この場合、痛みの原因部位を探すのはとても難しい>>>治療効果は低い 7割近い筋肉が痛みを感じている場所と原因部位が異なるため、 より的確な判断が必要になります。 つまりは経験のある治療家でないと、なかなか効果的な施術ができないのです。

部位別痛みの特徴

皮膚・神経の痛み:境界が明瞭で鋭い痛み。痛みの場所と治療部位が近い
筋肉・内臓の痛み:境界が不明瞭で鈍い痛み。痛みの部位と治療部位が離れている

筋肉の痛みは血液検査や画像検査では異常をみつけられません。 今回の話は少し難しかったかもしれませんが、 急性痛か慢性痛の区別、また痛みの部位は神経か筋肉かなど 的確な判断が必要になります。

つまりどこの治療院にいっても、ある程度経験を積んでないと 正しい判断ができないのです。
ただやみくもに患部ばかり施術するのは、解決にはつながらないのです。

あなたが受けている施術の参考になれば幸いです。  

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

 

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ