052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

塩分、注意してますか?

糖質のとりすぎとともに注意してほしいのが、 塩分のとりすぎで、これも中年太りの原因になります。

塩

塩分の目標摂取量 WHO(世界保健機関)では成人の場合5g未満、 日本では厚生労働省が定める「食事摂取基準」で 2015年に男性8g未満、女性7g未満 とWHOより高い設定になっています。

ちなみに高血圧患者の基準は、 男女とも6g未満です。

しかし実際の摂取量は 男性11.1g、女性9.4gと言われ、 かなり多く摂取しています。

食事摂取基準とは、 国民の生活習慣病の予防ため、健康診断の指導、 給食の献立の基準として目標を定めたもの

外食の増加、日本古来の醤油やみそ、ソース、ドレッシングなどを 日常的に使っていることが主因です。
健康食である和食の唯一の欠点です。 塩分をとりすぎると、脳卒中やガン、腎臓病のリスクが高まります。

塩分は動物性脂肪と合わさると血圧をあげ、脳卒中のリスクを高めます。
肉に塩を多くかける人は要注意です。 また塩分のとりすぎは、身体のミネラルバランスを崩して、 ガン細胞の発生を促進します。 塩分のとりすぎは怖いので、今すぐに変えていきましょうね!

「ワンポイント アドバイス」
カリウムには余分な塩分を排出作用があります。 つまりそれらを含む食物をとればいいのです。
豚ヒレ、牛もも肉、鳥のささみ、 いか、うなぎ、かつお、 さつまいも、里芋、じゃがいも、 豆腐、枝豆、納豆、 小松菜、 ほうれん草、まいたけ、 わかめ、昆布、ひじき、 梨、メロン、バナナ、キウイ、トマト、アボガド などです。 これらの食べ物にはカリウムが含まれており、 カリウムと一緒に水を摂取すると 体内にある塩分の排出を 期待出来るので、 水も一緒に飲みましょう。

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

 

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ