052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

骨年齢を若くするビタミンD

骨年齢

骨は、リン酸カルシウムを主成分とし、 炭酸カルシウムやコラーゲン(たんぱく質の一種)を含んでいます。

新生児の骨は約350個、成人になると約206個になります。
子供の時、細かく分かれていた骨がひっつくために、 成人になると数がへることになるのです。

骨の働きとしては、 身体を支える(支持) 内臓などやわらかい器官を守る(保護) 筋肉とともに運動する(運動) カルシウムなどの貯蔵(貯蔵) 血液をつくる(造血) などがあります。

骨の強化には、タンパク質とカルシウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンDは 積極的にとりたい栄養素です。
タンパク質
骨の材料になり、免疫力を高める 肉、魚、牛乳、大豆、玄米など

カルシウム
骨を強化し、精神を安定させる 納豆、ひじき、ナッツ類、雑魚など

マグネシウム
心臓や血管の機能を正常に保つ 玄米、あさり、ナッツ類、昆布など

ビタミンC
骨だけでなく皮膚や血管などの形成に必要なコラーゲンの吸収を助けます。 メラニン色素の生成を抑える働きもあります。 いちご、レモン、キャベツ、ブロッコリーなど

ビタミンD
骨の主要成分であるカルシウムが体内に吸収されるのを助けます。 ビタミンDが不足すると骨からカルシウムが溶け出しやすくなり、 骨密度が下がり、骨粗しょう症になりやすくなります。
さんま、サバ、しめじ、卵、干しシイタケなど人生の後半で、骨粗しょう症にならないためにも 栄養をしっかりとりましょう!        

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

 

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ