052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

BLOG〜ブログ/症例一覧〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

腰痛+下肢痛がある病気

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛+下肢痛がある代表的な疾患に腰椎椎間板ヘルニアがあります。 20~40代の男性に多くみられ、激しい腰の痛み、腰を前に曲げると痛い、足の痛みやしびれ、ひどいと麻痺を伴います。
加齢に伴う椎間板の老化でおこりますが、中腰の動作、激しいスポーツなどがきっかけになったりします。

椎骨と椎間板 

私たちの脊椎は椎体が連なってできていますが、その椎体と椎体の間に椎間板があり、クッションの働きをしています。しかしこの椎間板は20歳を過ぎる頃から老化が始まり、年をとるとともに次第に水分が減って、弾力が失われ、厚みが減って、つぶれたようになってしまいます。

脊髄

脊椎を上からみている図(上が腹側、下が背中側) この椎間板(図の青い部分)の中には髄核というものが入っていますが、椎体と椎体に押される圧力で、その髄核の一部が線維輪を超えて、外に飛び出してきます。

椎間板ヘルニア

するとこの押し出された髄核が、脊椎の後ろを通っている神経を圧迫します。この飛び出た状態をヘルニアといいます。ヘルニアが起きると、その圧迫された神経に支配されている腰や足に痛みやしびれ、ひどいと麻痺がおこります。

進行性の麻痺、排尿・排便障害、強い痛みが長く続く場合は手術が考慮されます。 腰椎でこれが起こったものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。ちなみに頚椎なら頚椎椎間板ヘルニア、胸椎なら胸椎椎間板ヘルニアとなります。

腰部脊柱管狭窄症

中高年から老年の人によくみられ、腰痛はあまり強くなく、下肢の痛み、しびれ、さらに歩行障害などが伴います。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは脊椎の後ろ側にある骨の管で、この管の中には硬膜で覆われた馬尾神経や神経根が通っています。

脊髄

年齢を重ねて、脊柱管が骨や黄色靭帯、あるいはヘルニアなどで長期間かけて狭くなったり、あるいはもともとこの管が狭かったり、形に異常があったりした人がさらに脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され、腰痛や足の痛みが起こるのです。

この疾患の大きな特徴は、じっとしているときはそれほど痛みはありません。 ある程度の時間歩くと、足がしびれたり、痛くなり、もうそれ以上歩けなくなることがあります。 しかし前かがみでしばらく休んでいるとまた歩けるようになります。 これは歩行障害の一種で、間欠性跛行といいます。

前かがみになり、脊柱管の狭窄状態が少し緩和され、神経への圧迫が緩んで、血流も回復するので、また歩けるようになるのです。この症状が進むと、歩ける距離がどんどん短くなり、下肢の力が落ちてきます。 間欠性跛行は変性すべり症、分離すべり症などでもおこります。

当院でも脊柱管狭窄症の方は何人もおみえになっており、しっかり定期ケアができた方は、元気に生活しております。 もし悩んでいるなら、是非、ご相談下さい!

関連リンク

当院の腰痛の施術について

もしよければ、友だちになって下さいね。(ID:@vxl3202q)
特典もありますよ(^_-)-☆

友だち追加

 

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ