052-739-6232 月・火・木・金曜
9:00~14:00/16:00~20:00

日曜9:00~19:00 水・土曜/祝 定休

リオラ治療院

FEATURE〜施術の特徴〜

WEB予約はこちら

リオラ治療院

「体の歪み」を調整することで痛みや不調を良くしていき、さらに再発しにくい体を作ります

当院でもっとも重要視していことは「体の歪(ゆが)み」です。

多くの症状の根本原因である「体の歪み」を、整体、鍼灸などを織り交ぜながら整え、関節や筋肉などにかかる負荷を正常にします。それにより筋肉、神経などの促通がおこり、自然治癒力が高まり、症状の改善が目指せます。

また体の歪みがとれ、正しい姿勢をとれるようになり、再発しにくい体づくりまで行えます。

この、その場だけではなく「再発しにくい体」まで手に入れられるのが、当院の最大の特徴です。


施術している様子

人の体で問題が起きる時は、1つの歪みから始まります。1つの歪みが次の関節や筋肉への歪みや負担を呼び、それが負の連鎖としてつながっていき、色々な症状を引き起こします。

例えば足首が悪ければ、その上の膝に負担がかかり、歪みが生じ、次はその上の股関節がかばおうとし、また歪みます。
そして骨盤、腰、肩、頚と全てつながっていってしまい、歪みの連鎖ができるのです。その結果として、肩こりや腰痛など様々な症状が出てくるのです。

だから体の歪みを調整することが必要なのです。

なぜ当院なら体に染みついた歪みを調整することができるのか?その4つの理由

インナーマッスルを調整する

歪みを調整しているしている様子1 通常よく行われるアウターマッスル(表層の筋肉)のマッサージはほとんど行いません。それは体を支えるインナーマッスルが歪んだままなら、体はすぐに戻ってしまうからです。
操体法などで体を内から支えるインナーマッスル(深部の筋肉)を意識して、関節や筋肉などを調整します。

患部を必要以上に触りません。

歪みを調整しているしている様子2 人の体は、1か所だけで動くことはなく、他の部位が連動して動きます。
症状が出ている部位が原因なのではなく、そこに負担がかかるように体がゆがんでいることが問題なのです。
そのためそこにつながる部位を含めた全身の施術が大切になってきます。

極力弱い刺激で調整

歪みを調整しているしている様子3 体に入れる刺激は、どんな刺激であっても外部から入る余分な刺激になります。
そのため必要最低限の刺激を入れることを心がけています。その刺激がご自身の自然治癒力を高めてくれれば、いいのです。

強い刺激は防御反応で体に力が入り、調整がうまくできません。
心地よい刺激で関節や筋肉を調整して、体の歪みを整えていきます。

生活習慣の改善

カウンセリングしている様子 体の歪みを引き起こす本当の原因はストレス、過食、睡眠不足、不良姿勢などの悪い生活習慣にあります。

施術しながら、生活習慣も見直し、本当の意味で再発しにくい体づくりをしていきます。

当院の施術を受けると、こんな変化を実感できるようになります

  • 変化1
  • 体がかるくなります!
    骨格が正しい位置に戻ることにより、筋肉や関節にかかる負荷が整い、体がかるく動きやすくなります。

  • 変化2
  • 姿勢が整い、スタイルアップ!
    体の歪みがとれ、正しい姿勢がとれるようになると、骨格、筋肉の位置も変わるので、スタイルが変わってきます。

  • 変化3
  • 冷え性の改善を目指せます!
    体の歪みを整えると、胸郭が開きやすくなり、深い呼吸がしやすくなります。これにより末端まで血流が通い、冷えに変化がおきてきます。

  • 変化4
  • 免疫力があがり、元気に!
    血液やリンパの流れがよくなり、体温が上昇します。それにより免疫力があがり、病気にかかりにくくなります。

  • 変化5
  • 良質な睡眠により疲れにくい体へ!
    体の歪みが戻り自律神経が整うと、質のいい睡眠がとれ、疲れにくい体になることにつながります。

  • 変化6
  • 姿勢改善により再発しにくい体になります!
    姿勢改善で関節や筋肉に過剰な負荷がかからなくなるので、再発しにくくなります。

施術の流れ

  • カウンセリング票の記入

    体の症状・悩みなどをカウンセリング票の記入

    予約時間の5分前に来て頂き、カウンセリング票に体の症状・悩みなどについて、じっくりご記入いただきます。
    色々な質問が用意されていますが、全て大切な質問になるので、できるだけ詳しくご記入下さい。
    書かれた内容がすべて改善につながるヒントとなります。質問の内容が分からない場合は、遠慮なくご質問下さい。

  • カウンセリング

    カウンセリング票をもとにカウンセリング

    カウンセリング票をもとに、あなたの話をしっかり伺い、あなたの抱えている問題を共有します。どんな些細なことでも気になることは全てお話下さい。
    その小さなことが集まり、解決へと結びついていきます。

  • 検査

    カウンセリングの内容をもとに検査

    次に検査を行い、体の歪み、関節の可動域、筋肉の張りなどを検査していきます。
    どこに原因があり、今の問題を生んでいるのかをしっかり追究していきます。

  • 説明

    施術方針、施術内容、来院頻度、費用などの説明

    カウンセリング、検査結果から考えられる今の問題、その先に考えられる問題まで、お話させて頂き、それを解決するための施術方針、施術内容、来院頻度、費用などを詳しくご説明させて頂きます。
    しっかり納得して施術をうけることで、施術効果にも差が出てきます。
    気になること、分からないことがあれば、遠慮なく質問下さい。

  • 施術

    施術

    いよいよ施術です。
    体の歪みを1つ1つ丁寧に、ソフトな力で足首、膝、股関節、骨盤、背骨、肩甲骨、手首、肘、肩、鎖骨、頭蓋と順に少しずつ調整していきます。
    すべてにおいて心地よい刺激を心がけていますが、痛みなど気になることがあれば遠慮なくお申し付け下さい。

    尚、鍼灸施術は必要な場合のみ行い、患者様の同意なくすることはないので、ご安心下さい。

  • クロージング

    今後の施術計画の説明など

    施術後の体の状態を確認し、ご自身に施術前との違いを確認して頂きます。そして今後起こりうる体の変化や注意点をお伝えし、今後の施術計画を再度説明させて頂きます。
    また自宅でできるセルフケアや日常生活でのアドバイスなどもさせて頂きます。

    その他に気になることがあれば、何でもお話下さい。最後に次回の予約をとって終了となります。

操体法(そうたいほう)

もとは宮城県仙台市の温古堂診療所の医師、橋本敬三先生により創始され、ひとくちでいうなら、体を痛くない方向、気持ち良い方向に動かして体の歪みをとり、不健康を健康にしていく施術法です。
またインナーマッスルに働きかけるので、体の歪みを戻すには最適です。

施術<操体法>の様子

操体法では、人間の生命が健康に維持されていくためには、5つの基本的な要素、息(呼吸)・食(飲食)・動(身体運動)・想(精神活動)・環境があり、健康とは、この5つのバランスが、とれている状態をいいます。

この5つのバランスが崩れると健康体は不健康体に傾きだし、そのまま放っておくとやがて疾病体となります。そして私たちの不健康や疾病の直接の原因は、体の歪みからくるものが多いです。
操体法は先程の5つのバランスの動(身体運動)にアプローチします。

施術の基本は、体の歪みを正常な状態に戻すことです。そのためには、体を気持ちの良い方向へ動かすことです。気持ちよく動くと元に戻るように人間の体はできているのです。
この気持ちいい感覚を原始感覚といいます。
例えば、背中がかゆくなったとします。この時、背中をかく行為を要求するのが原始感覚で、気持ち良くかくことが操体法です。

操体法では、原始感覚を味わうために、気持ちの良い動作を行うのです。それが体の歪みを改善し、疾病の改善につながっていきます。やってみると身体が変化するのは、よく分かると思います。
不思議な感覚を是非、体験してみて下さいね。

整体(せいたい)

多くの症状の原因である体の歪みを調整していきます。体は連動して動くため、1つの歪みが次の歪みを生み、それがまた次の歪みを生むように負の連鎖が続き、体が壊れていきます。

施術<整体>の様子

そのため全身の歪みを1つ1つ正しい状態に戻していくことが大切になります。
当院では、頭蓋、背骨、肩甲骨、肘、手首、骨盤、股関節、足関節などに優しくアプローチして体の歪みを調整していきます。バキバキ、ボキボキしないので、小さいお子さんからお年寄りまで安心して受けて頂けます。

頭蓋調整(とうがいちょうせい)

頭蓋(頭と顔)は1つの骨に思えますが、骨が約23個、骨と骨の接合部が約60か所、存在します。つまり色々な骨の集まりで、頭蓋ができているので、他の体の部分(肩、腰、膝など)と同じように、ずれたりして、体に悪影響を及ぼします。
分かりやすく言えば、骨盤が歪めば整えるように、頭蓋も歪めば整える必要があるのです。

施術<頭蓋調整>の様子

頭蓋調整で有効な症状

顔のたるみ、二重あご、慢性疲労、ストレス、むち打ち、頭痛、肩こり、首こり、目の疲れ、腰痛、集中力・やる気の低下、呼吸の不調、生理不順、冷え性、ホルモンバランス、自律神経、顎関節障害など様々な症状に効果があります。

とはいえ頭蓋調整も魔法ではありません。他の施術と同じように定期ケアを重ねながら、次第に良くなっていきます。

インソール療法

 インソールいつも同じ側の膝や腰が痛くなる?
靴底が決まった側がどんどん削れていく?
扁平足、外反母趾で靴を履くと痛くなる?

そんな方いませんか?
足は人間にとってすべての土台になります。土台が揺れると、その上の膝、腰、肩などに痛みが出ます。

そのため靴の中敷きにオーダーメイドのインソール(足底板)を入れ、体の歪みを足元から調整していきます。

対象 基本的には歩く人が対象なので、すべての方が対象になります。多くは足首、膝、股関節、腰などの痛みや外反母趾、タコなどでお困りの方が施術されています

インソール作成の流れ

  • 計測

    まずは足の長さ、足幅、足囲を正確に測ります。ご自身が思っている数値と違うことが多いので、しっかり計測していきます。足の長さだけでなく、ワイズ(横幅)をしっかりチェックします。

  • 重心

    足のどこに体重がかかっているかをチェックしていきます。
    スタンプの上にのっていただき、足形をとり、どこに体重がかかているかチェックしていきます。

  • 動き

    歩行をみせて頂き、問題点を抽出していきます。肩・骨盤の高さ・動き、足首・膝の向き・傾き、蹴り出しの強さなど色々な点をチェックしていきます。
    ここまでが、基本データの取得になります。

  • 作成

    上記のデータをもとに、靴に合わせてオリジナルのインソールを作成していきます。尚、インソールは靴に合わせて作成するので、他の靴にいれることはできませんので、ご注意下さい。

  • 歩行

    できたインソールを入れて歩いて頂き、状態をチェックしていきます。
    問題があれば、その場で修正を加えていきます

  • 使用

    あとは実際に使用して頂いて、気になるところがあれば3ヶ月をメドにメンテナンスして完成させていきます。
    これで世界に1つのあなただけのインソールが完成します。

注意点インソールを作成する場合当然、靴選びが大切になります。靴の足を支える機能が弱ければ、いくらインソールを入れても思ったような効果を得れません。当院では靴選びからアドバイスさせていただきますので、一度ご相談下さいね。

鍼灸(しんきゅう)施術

鍼灸はその人にあったツボを刺激することで体のバランスを調整し、人が本来もっている自然治癒力(自分で治そうとする力)を高めて改善を目指していきます。あくまでも本人が持っている力に働きかけ、力を出せるようにサポートするのが目的です。

施術<鍼灸>の様子

鍼灸で体にどんな変化が起きるかというと、脳は鍼灸の刺激により、体を傷つけられたと判断し、それを早く治しなさいと指令を出します。
それにより刺激を受けた部分に赤血球や白血球やホルモンなどが作用し、消炎、鎮痛、血流改善などがおきてきます。さらに自律神経や内分泌の調整、 免疫力の向上などにも繋がっていき、自然治癒力が高まり、それが症状の改善につながっていくのです。

施術<灸>の様子

鍼灸することで、体のバランスを整えるわけですから刺激の量が重要になります。
そのため体にムリなく、適度な刺激で、体全体を施術していきます。時々、鍼灸にマジックのような速効効果だけを求める方がいます。そういう方はすぐに効果がでないと「自分には合わない」「効かない」と思ってしまうようです。

しかしそれは勘違いで、鍼灸は、あなたが本来持っている自然治癒力に働きかけます。すぐに反応がおきないのは、それぐらいあなたの自然治癒力が下がっている証拠なのです。

それを元気にするには継続的な施術で、体のバランスを調整することが重要であることを忘れないでほしいと思います。

鍼<はり> 鍼は毎回使い捨て鍼を使用し、太さわずか0.2mmですので痛みはほとんどありません。勿論、痛みの感覚に個人差はありますが、慣れれば心地よい感覚になってきますので、ご安心下さい。

それと鍼は「ひびき」という独特の「ぽわーん」とした何とも言えない感覚がおこることがありますが、それは体が改善に向かう上での反応なので、特に問題ありません。また「ぽわーん」感が抜けると体がすごく楽になります。

施術<灸>に使用する施術用具

灸<きゅう> 灸は「もぐさ」を体の上で燃やす温熱刺激になります。
「もぐさ」とは、ヨモギ(山野に自生するキク科の多年生植物)の葉を乾燥させて、不純物を取り除いたものになります。

灸には直接灸と間接灸があります。その名のとおり、直接灸はもぐさを直接皮膚の上に置き燃やし、間接灸はもぐさを台の上で燃やすことになります。昔は直接灸が主流でしたが、最近では間接灸が主流になりつつあります。

当院でも間接灸をメインに、症状によっては直接灸もしております。灸には鍼にない、温熱刺激があり、女性はほんのり温かい感覚がお好きな方が多いのでおススメです。

鍼灸はどんな症状に適応かというと

よくある症例をあげますと

  • 急性症状(ぎっくり腰、寝違えなど)
  • 慢性症状(肩こり、腰痛、膝痛、五十肩、頭痛、便秘など)
  • 神経症状(ヘルニア、坐骨神経痛、手足のしびれなど)
  • 婦人科症状(冷え、むくみ、生理痛、更年期、逆子、不妊など)
  • 不定愁訴(自律神経、めまい、耳鳴りなど)
  • 美容(リフトアップ、たるみ、しわ、しみなど)

様々な症状に効果があります。

最後にWHO(世界保健機関)が効果あると認めている症例をまとめてありますので、参考にして頂けたら幸いです。


WHO(世界保健機関)が鍼灸で
効果があると認めている症例

「神経系疾患」
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
「運動器系疾患」
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
「循環器系疾患」
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
「呼吸器系疾患」
気管支炎・喘息・風邪および予防
「消化器系疾患」
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
「代謝内分秘系疾患」
バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
「生殖、泌尿器系疾患」
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
「婦人科系疾患」
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
「耳鼻咽喉科系疾患」
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
「眼科系疾患」
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
「小児科疾患」
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

ページの先頭へ戻る

blog

ブログ/症例一覧

news

院からのお知らせ